derric.org

第2回インタラクションデザイン研究会「Googleにおけるインタラクションデザイン」

| トラックバック(0)

以下、メモです。
※読みものにはなっておりませんので悪しからず

日時:2010/10/29(金) 19:00-21:25
場所:Google Japan オフィス(六本木ヒルズ森タワー)
UST:http://www.ustream.tv/channel/第2回-インタラクションデザイン研究会/
Webサイト:インタラクションデザイン研究会

アジェンダ

  1. Behind the web design & Doodle creation (川島優志)
    実際、こういうとこまで考えてますよ、っていう人間工学的な話し
  2. UX at Google (Judy Shade)
    リサーチャーが何をやっているか、という話し
  3. UX projects (Naoyuki Ishitsuka)
    デザイナは何をしているのか、エンジニアとどう連携するのか、という話し
  4. UX and 20% projects at Google (Hector Ouillet)
    (英語わからんかった・・・)
  5. Japanese Input and UX design (小松弘幸)
    エンジニアとして、具体的にこういうことしてますよ、っていう話し
  6. 質疑応答

個人的には川島さんと小松さんの話しが面白かった。

1. Behind the web design & Doodle creation

19:15-19:45
川島 優志氏
シニアウェブマスター・アジア太平洋マネージャー:

まずなぜこんな格好(頭に何か生えてる...)してるのか?
レベルEアニメ化おめでとーー(ということで・・・)
(こっからしばらく自主規制のためUSTの画面をふさぐ)

Googleには、UX、Engineer、Managerの3つの部門がある。

Webデザインて何だろう。
Googleに入ると膨大なデータと向き合う。

ヒューリスティック
30% more CTR

アンカリング効果

以下の計算式の結果を5秒で想像してください
9x8x7x6x5x4x3x2x1...4000くらい?
1x2x3x4x5x6x7x8x9...500くらい?
※実際は36万...

ジョブズも使ったりする。
「999$! ではない、499$!」みたいな

現状維持バイアス

はじめに安い保険に入っていると、そのまま留まる。
はじめに高い保険に入っていても、そのまま留まる。

ボタンの最適化

KINESISの話し
最初の数日間の地獄を過ぎれば天国
熟練運動 大脳→小脳

百度とGoogle中国の比較
百度はページ下部を見る動きが既にインプットされている
こういうユーザへのアプローチはまた違ってくる

余計な要素を排除することによってクリック率を上げる

サイモン効果

反応する対象と動作の位置は一致していた方がいい

キーボードも、Enter(決定)は右にあり、
Esc(キャンセル)は左にある

フレーミング効果

右脳と左脳
ケンコバと淳の左右合成写真
視野の左半分が右脳、右半分が左脳
人は左半分(右脳)で判断する傾向がある(らしい)
(片側隠すとよくわかる)

GoogleとYahoo!を左右に並べてみると...
つまり、必要な情報を左側に配置する、という理由

ユーザー=未確認生命体
Web design != * (毎日変わる)

2. UX at Google

19:45-20:00
Judy Shade
UX Researcher

Googleの4つのカルチャー

1) 良いアイデアはどこからでも(20%ルール)

Google News、Gmailなど

2) データに基づいたデザイン

3) ラピッドWeb開発のサイクル

リサーチ→デザイン→スペックを磨く→開発→(戻る)

4) 世界のユーザに向けて

UX activities

1) コラボレーションとコミュニケーション

ニーズはあるのか
開発できるのか
ビジネスとして成り立つのか

2) ユーザビリティ向上のための調査

3) ユーザニーズの分析

4) インタラクションのワークフロー

5) インタラクションのデザイン

5) 美しくてわかりやすいビジュアルデザイン

7) ガイドラインの作成と管理

3. UX projects

20:00-20:20
Naoyuki Ishitsuka
UX Designer

デザイナの仕事

コンセプト
ユーザーリサーチ
UIデザイン
共有(海外のデザイナとシェアすることも)

3つの疑問

1) デザインはデータで決める

ガイドライン
アイデアのコンフリクト

2) どこをデザインするのか

原稿用紙6枚分(イニシャルの検索結果の情報量)
ユーザの滞在時間は10秒
情報・フォーカス・情報の取捨・情報の鮮度
(地図・リアルタイム・画像・ニュース・ワンボックス...)

3) エンジニアとどう働くのか

iGoogleのリデザイン
UX「こんなことができたらいい」
Eng「それはできます」
PM「ではやりましょう」

4. UX and 20% projects at Google (英語)

20:20-20:35
Hector Ouillet
Senior UX Designer

5. Japanese Input and UX design プロダクトとUX

20:35-21:00
小松 弘幸
Software Engineer

今までの人と違い、エンジニアらしいプレゼンを...
(Googleプレゼンテーション使ってます...)

これまで関わったプロジェクト
・Googleサジェスト
・ローカルモバイル
・乗り換え案内
・QR-Code API
・日本語入力

Back to 2005

マンマシンインタフェース×乗換案内モバイルインタフェース

すべて縦に並べた
左に行こうと思って左キーを押すとポルナレフになってしまうので

これまであった携帯端末のポインティングデバイス
・ニューロポインター(小さいマウスパッド)
・ジョグダイヤル(これはわりと有名化)
・スピードセレクター(グリグリ回転させるやつ)

ペーパープロトタイピング×モバイルアプリ

自由度が向上したが考えるべきことも増えた
UXどうしよっか...

アンチパターン×乗換案内

不便なこと探し
Google乗り換え案内:東京ミッドタウン→赤坂
3つの問題を解決(以下の答えを自動で処理する)
・最寄駅はどこ?
・普通都内でしょ?
・歩いた方が早くない?
今までは「あなたがお探しの赤坂はこの赤坂ですか?」
いやいや、それくらい空気読めよ、っていう。

Google日本語入力

オープンソース版もあるよ♪

「もしかして」の大部分が既存のIMEの誤変換
あと、IMEを作ってみたかった

メンタルモデル×Google日本語入力

メンタルモデルとデザインモデル

以下、よくある誤解。
・ネットワークにつながっていないと使えない
・入力データが送信される
・クラウド型である

スクロールバー×Google日本語入力

候補ウィンドウにスクロールバーは必要か?
→Google日本語入力はインジケータにした

新機能×Google日本語入力

豊富な語彙+サジェスト機能のみ
それ以外は極力絞った
安定性、スピード>新機能

互換性×Google日本語入力

リリースまでの道のりと互換性
・社内でのドックフード

ユーザビリティスタディ×Google日本語入力

10人×1週間
エンジニアも全員参加

Google日本語入力をよろしくね。

6. 質疑応答

21:00-21:25

(省略)

以上

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tech.derric.org/mt/mt/mt-tb.cgi/27

ページトップへ